ドクター紹介
医院紹介
設備紹介
アクセス・地図
インプラントの費用
簡単WEB予約
ご来院を検討中の患者様へ インプラントについて #
医療費控除について 無料インプラント相談
明石インプラントセンター地図
診療時間
骨が足りない方(骨再生誘導法)
明石インプラントセンター > 骨が足りない方(骨再生誘導法)

骨が足りない方(骨再生誘導法)

ソケットリフト

インプラント体の挿入口から移植骨や骨補填材を挿入して、より簡便で安全に上顎洞の底部分を押し上げるテクニック 。

ソケットリフト

インプラントを埴立する位置に、まずドリルを使用し骨を約1mm残し、専用の器具(オステオトーム)で槌打し、骨を抜きます。 そして、器具で骨を押し上げ粘膜を拳上し、骨移植材を填入し、インプラントを埋入して終了。

サイナスリフト法

サイナスリフト法には移植骨の生着を待って二次的にインプラント埋入を行う方法と骨移植と同時にフィクスチャーを埋入する方法とがある。 骨移植と同時にインプラントを埋入する方法は上部構造装着までの期間が短縮され、手術回数が減って患者の負担が少ないという 利点はあるが、インプラントの成功率は劣り、適切な方向へインプラントを埋入するのが困難である。 これに対し、増骨が終了した後、インプラントを埋入する方法はほぼ100%近い成功率を得ることができる。 骨移植後インプラント埋入までの期間は7~8ヶ月といわれているが、骨移植時にPRP法を施せば5~6ヶ月に短縮できる。

上顎洞側壁骨の相当部の歯肉を切開し、骨窓を開け、骨窓を下から内側に押し上げて上顎洞底部の粘膜を拳上します。
次に拳上して出来たスペースに移植材を入れます。
移植材を入れた後、外側を粘膜で被い歯肉を縫合して6ヵ月間放置し、造骨を待ちます。


PRP法

インプラント技術の進歩により、難症例も対応できるようになりました。 例えば上顎奥歯の部位で骨の高さが足りない場合は、造骨技術によりインプラントが可能になります。 これも、以前は御自分の顎骨や腸骨を採取したりしていましたが、現在は人工の骨補填材と御自分の 採血した血液から分離させた血小板を多く含んだ血漿(PRP)を混ぜることにより、造骨が可能になりました。 なぜ、PRPが創傷治癒のために用いられるのでしょうか。 活性化した血小板は創傷の治癒や骨の造生に関与する成長因子を分泌します。 欠損部に血小板を豊富にすることによって治癒期間の促進をはかることができます。

このページのトップへ